<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

首長竜みたよ〜

リアル〜完全なる首長竜の日〜を、黒沢清監督と佐藤健君の舞台挨拶付きで見ましたよ〜
監督は思ってた以上に男前だったし、健君は思ってた以上に細くて小さかった(笑)
ちょうど1月にも同じ司会者の舞台挨拶を見てて、その時の二人がでかかったから、司会の松岡さんとの対比で監督と健君がコンパクトに見えちゃった。

映画も私好みで面白かった〜。
八重の桜と松重豊さんが好きなので松重さんの役に喜んでしまいましたよ!

グランドマスターにちょっとがっがりしてたので、気分良く家路に着きました(*≧∀≦*)



舞台挨拶で健くんが
「監督は画面にイロイロ仕掛けをしてて…たとえば同じ衣装を着続けてたりするんですけど…」
的な事を言っていて。
それは同じ衣装を着続けてる事で主人公が現実では無い世界にいることを現してる訳ですが…。

……私、特撮見過ぎなせいか、衣装が同じな事が全然気にならなかったよ………。
衣装でキャラ分けする癖がついちゃってるのかな……。
それより健君の運転してる車から見えるちゃちな風景の方が気になってて、
現実じゃ無いからだったんだーと思いました。

でももうちょっと主人公とヒロインの意識の混濁具合をめちゃくちゃにして欲しかったな。
きれいに分かりやすくまとめてて、逆に中途半端になっちゃった気がするよー。
なので私としては…
センシング内での淳美の最後の台詞がちょっと気になってて、実は「センシング」自体が浩市の無意識の出来事なのかしら…と思ってたりもします。
中谷美紀の女医がすごく特徴的であまりに物語のキャラクターくさい演技だったので、現実には存在しないのかなぁとか。あの病院自体が全体にすごくうそ臭かったし、ボブの淳美こそが現実で、昏睡状態の浩市をずっと見守ってるのではないかと。
とかイロイロ考えてると楽しいのでホントに面白い映画だと思います\(^O^)/


あ、あとは。
原作読んでないけど、あの二人がキャストなら恋人より原作通り姉弟が良かったな〜
単に自分的にそのほうが「萌える」ってだけだけど(笑)






コメント
コメントする








   

Italy Travel Guide: AMOITALY

午前十時の映画祭

TEGAKI BLOG

SELECTED ENTRIES

KOKUBAN.in

RECENT COMMENT

  • 駐車場に咲いてた
    ちさ
  • 駐車場に咲いてた
    Leek
  • スフレパンケーキ
    ちさ
  • スフレパンケーキ
    Leek
  • 小西遼生
    ちさ
  • 小西遼生
    このり
  • 今期のドラマは
    ちさ
  • 安積剛志|佐々木蔵之介
    ちさ
  • 今期のドラマは
    カリコ
  • 安積剛志|佐々木蔵之介
    カリコ

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.

LINKS

PROFILE


個人の趣味のサイトです。 俳優および所属事務所・製作会社等とは一切関係ありません。 肖像権等を侵害する意図はありません。

BOOKLOG

MOBILE

qrcode

ARCHIVES

OTHERS