<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

RE:CYBORG 観て来たよ〜

そんなこんなで「009 RE:CYBORG」を観て来ましたよ\(^O^)/
土曜日はちょっと仕事があったので、日曜日ゆっくり観よう〜と思ってたら初日に監督とプロデューサーの舞台挨拶があるですと?!
一緒に仕事をする子にちょっと早めに上がるとお願いして、ネットで舞台挨拶の回を予約しました(前売り券二枚持ってるのに)。
それでも間に合うかなぁ…と心配してたら、思いの他仕事自体が早く終わって余裕で劇場へ。

109シネマズだったんですが、ZEPPに近づいたらしょこたんのライブに来たコスプレイヤーの皆さんがいっぱいいて驚いちゃった。さすがに009はいなかったけど、オーズのアンクさんがいたんで嬉しかったです(笑)←一応、石ノ森繋がりだし…
ちょっと早めに着いたんでお茶して帰ってきたらロビーが人で溢れてて驚きました〜。
前売り買いに来た時にはポスター1枚しか貼ってなかったけど、さすがに初日で舞台挨拶があるとあってメンバー全員のが貼ってあった。写真撮ろうとしたけど人が多くて全部入るトコに立てませんでした。



自分と近い世代の人が多いんかな〜と思ってたら、意外と20代に見える男の子が多かった。ネットで試写会の様子を読んでると、年齢層が高くて女性が多いイメージだったから何か嬉しい(笑)

で、劇場に入っていよいよ舞台挨拶。
近くが見えにくいんで映画はいつも最後尾に座る主義なんですが、席を予約するのが遅かったのでさすがに真ん中あたりしか取れなかった…。でもおかげで神山監督と石井Pのお顔がとても近く見えました(笑)。SF大会でお話聞いた時は二階席に座ってたのでお顔が全然見えなかったけど。行く前は話さえ聞ければ…と思ってるんですけど、やっぱり近くでお話を伺えると嬉しいですね\(^O^)/
話の内容は事前のインタビューや二コ生などで聞いた事がほとんどだったけど、アメリカの3D映像協会の大会へ正式出品が決まった話は初めてだったような。

神山監督と石井Pの009への熱い想いを聞いて、気持ちが盛り上がったトコロで上映開始。
すごくスピード感があって107分があっと言う間に終わってしまいました。
何書いてもネタバレになるのでとりあえず。

ジョーがすんごい
カッコよくて可愛かったー(^◇^)


次は2Dで観て落ち着いてジョーの可愛さを堪能しようっとvvv
(ぎゃっ平日は7時以降に2Dの上映が無いぞ?!)
そんで意外に前の席で観ても(老眼的に)大丈夫だったので
その次には視界がスクリーンで埋まるくらいの近さで3Dを観てみようかな?
一押しの3Dはさすがの迫力だった。とはいえ事前に語られた3D制作の苦労話をまったく知らなかったら、そこまですごい映像なんだって分からなかったかも(笑)。だってあまりに自然で美しく出来ているんだもの〜。
セルアニメでは表現が難しいって言っても「何がどうムズカシイか」なんて観てるほうにはまったく分からないからな〜。
だから「すごく大変な事なんです!!!」って事前にPRするのはものすごく大事かもしれない(笑)


そして例によってたいした事書いてないけどネタバレは以下!
_






この先は映画の内容に触れています。
事前に知りたく無い人は見ないでね。


本当に話が猛スピードで進むのでまったく息をつく暇が無かったよ(笑)
事前にコミカライズを読んでるけど、コミックス一冊なんてあっという間の冒頭部分だった。
やっぱ9人をそれなりのポジションで出すのは大変だよな〜って思う。
登場させて説明するだけで尺使うもんね。

最初はインセプション的なエンドかと思ったけど、監督のインタビューとかあらためて読んで「あいまいな結果では無い」と解釈し直したので、作品中のアルベルトの台詞を受けて「進化した脳の作り出した世界」だと思ってみました。
(脳内の世界と言う訳でなく、生物としてのステージが上がったってことね。)

ジョーの言ってた「君」も「彼」であり「神」であると。
ただその「神」を作り出したのが人類の内の存在なのか、外の存在なのかはまだちょっとイメージ出来てない。
「天使編」や「神々との戦い編」を踏まえているからアギトも思い出しちゃうね。あれはあきらかに「神」が外の存在だったけど…
とにかくあと何回か観に行く予定なのでおいおい考えよ〜っと。

そしてこれは、

壮大な物語の第1話なんですよね\(^O^)/

とか言ってみる。


あとまとまらないのでツッコミを箇条書き

●イワンあまし寝なかったね
●ジェットとジョーの遺恨ってそれなの?!
●フランソワーズがエロい…と聞いてたけど可愛かった
●アルベルトが渋い
●ジェロニモはやっぱりいい人
●大人大活躍!
●グレートがイケメン過ぎ(ソレガイイ!)
●次回はピュンマも活躍させてあげて!!

ところで神山監督の作品は実は攻殻以外観てないんですが、あの説明台詞の言い回しは監督の定番なんでしょうか?!コミカライズを読んだ時も思ってたんだけど(笑)
冒頭のグレートとジェットのシーンで、素子さんがグレートに喋らせてんじゃ無いかと冷や冷やしたよ\(^O^)/

コメント
ちささん、こんにちは!
じつはダンナの実家の押入れは異次元に通じていたらしく、あったはずのコミックスが亜空間に消え去った模様でみつかりません。(「ワイルド7」はあったのに…)
悔しいので中古で買い直して読み始めたところであります。
ジョーってこんなに可憐だったんだ〜!とか思いつつ読んでおります。
わたしは海のトリトンが初恋キャラでしたが、ジョーもいいですねぇ。
そして言うまでもなくおもしろいです〜。
まだ3巻途中ですが、16巻完結でいいのかな〜。

そして、映画の方も評判がよろしいようですよね。
わたしはすっかり出遅れましたけども、イラストも多いし、映画をきっかけにした盛り上がりを感じます。
  • Leek
  • 2012/11/29 6:25 AM
Leekさん、こんばんはー
旦那さまの実家の押し入れが異次元と亜空間の入口なんですか…!!
ワイルド7を置いて009だけが飲み込まれてしまうとは。
不思議な神様の意思でしょうか…ヾ(;´▽`A``
でもLeekさんが009を読んで下さって嬉しいで〜す。
うふふ。やっぱり面白いですよねぇ。
子どもの頃読んだ時はカッコいいばっかりだったジョーですが、大人になった今読み直すと可愛くて可憐です。
さすがLeekさん、もう看破されてる〜\(^O^)/
コミックスは色々種類があるのですが、私の持ってる秋田書店の文庫判は全23巻です。SUNDAY COMICSだと全15巻のようですよ。(出版社によって収録順や作品数が違うらしいです)
映画も面白かったですよ〜〜
「すっきり終わる」内容では無いので観客を選ぶとは思うのですが。
でも映像は本当にすごかったです!
そしてジョーがとても可愛かったの…(〃▽〃)
そろそろ映画館での上映が終わってしまうので、DVDが出るのが待ち遠しい〜
せっかくの盛り上がりなので、今後も続編を作って欲しいなぁと思っています

Leekさんの初恋はトリトンだったのですね。
初恋では無かったですが、もちろん私も大好きでした〜
いつも一緒にいる人魚のピピが羨ましかったです(^_^)
  • ちさ
  • 2012/11/30 12:02 AM
コメントする








   

Italy Travel Guide: AMOITALY

午前十時の映画祭

TEGAKI BLOG

SELECTED ENTRIES

KOKUBAN.in

RECENT COMMENT

  • 駐車場に咲いてた
    ちさ
  • 駐車場に咲いてた
    Leek
  • スフレパンケーキ
    ちさ
  • スフレパンケーキ
    Leek
  • 小西遼生
    ちさ
  • 小西遼生
    このり
  • 今期のドラマは
    ちさ
  • 安積剛志|佐々木蔵之介
    ちさ
  • 今期のドラマは
    カリコ
  • 安積剛志|佐々木蔵之介
    カリコ

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.

LINKS

PROFILE


個人の趣味のサイトです。 俳優および所属事務所・製作会社等とは一切関係ありません。 肖像権等を侵害する意図はありません。

BOOKLOG

MOBILE

qrcode

ARCHIVES

OTHERS