<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

フィレンツェに行って来ました!〈4〉


サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の正面。

大聖堂の天蓋。

最後の日は初日行き損なったバルジェッロ国立博物館へ!
サンタ・マリア・デル・フィオーレを眺めながら向かいました。
こちらにはミケランジェロやドナテッロの彫刻がたくさんあります。
私の一番好きな石膏像のセントジョルジョさんの全身像が。
大学にも全身像があったので大きさは分かってましたが、大理石だと雰囲気が全然ちがいました。


うちに置いてあるジョルジョさんのガチャガチャ。
この博物館は写真を撮ってもよさそうだったんだけど、逆にもったいなくて撮影出来ませんでした(‥;)

残念だったのが今は3階が閉鎖されてるのと、ミケランジェロの主な作品が貸し出されていた事………。
ブルータスがあっただけでも楽しかったですけど(^_^)


入り口〜

何枚か旦那が中の写真を撮ってたんでもらったら後で足しときます!


で、この日の4時にはフィレンツェとお別れなので、最後くらいはフィレンツェ名物を食べようと
アーモイタリアさんで紹介されていた
Tripperia Il Magazzino に行きました。
こちらはトリッパやランプレドットを看板料理としているトラットリアで、すごく雰囲気の良いお店でした。
せっかちな日本人の私たちが開業時間ぴったりに行くと、あと20分待ってと言われましたが気さくに対応してくれましたよ。
他のガイドブックでも紹介されてたらしく、最初のお客と次のお客が日本人だったのはご愛嬌(笑)
ハーフボトルのワインもあって、少しは飲みたいけど昼間から一本は飲めないな…と言う私と旦那には本当にやさしいお店でした。もちろんトリッパもおいしくて、胃袋のサイズ的にあきらめたランプレドットも食べたかったな〜。


その時通ったポンテ・ベッキオの店並。


かわいい!


ポンテ・ベッキオから望むドゥオーモの天蓋。

あと旦那が食べたがってたイタリアのジェラートをやっと食べました(笑)
別にフィレンツェが本場な訳じゃないけども。
そういえば前に比べて盛りがすごい良くなってた!
こういうのも流行りがあるのね〜

2005年7月バージョン。

2012年7月バージョン。モリモリ〜

と言う訳で、今回もとっても楽しい旅行となりました。
旦那のリフレッシュ休暇があって良かった!
こういうきっかけが無いと行けないもんね。
いつもありがとう〜〜〜


フィレンツェに行ってきました!〈3〉

三日目は。
フィレンツェの超目玉、ウフィッツィ美術館の日!
…とその前に。
事前に予約したのが11時30分だったので、午前中の時間がたくさんあったため、割と最近出来たという科学史研究所兼博物館に向かいました。
前日にピサの斜塔を見ていたのでガリレオつながりですね\(^O^)/
ここにはガリレオが実際使った道具や、その他同時代に使われていた科学実験等の道具が所狭しと並んでいました。
メディチ家およびロレーヌ家のコレクションらしいです。
いろいろな道具が興味深かったけど、特に天球儀や地球儀の美しさが素晴らしかったです。
すごい大きかったし。部屋いっぱいの木製の天球儀にはびっくりしてしまいました〜


入場口〜

近くにあったオブジェ。

すぐ近くのポンテ・ヴェッキオ。

そしていよいよお待ちかねのウフィッツィ美術館。
ここにはルネッサンス期の有名な絵画が満載!
(展示作品数が異常に多いので、ぶっちゃけ有名な作品を見るだけでも満腹かもしれない)
ボッティチェッリダ・ヴィンチラファエロとよりどりみどり。
カラバッジオがなかなか見られず貸し出されてるのかと焦りましたが、ほんとーに最後の部屋にありました。私の大好きなフィリッポ・リッピの聖母子と二天使を連れ合いに「怖い…」と言われたのがショック…。

そういえば昔来た時は撮影オッケーだったけど、今はどこの美術館や教会も撮影禁止になってたな。
ネットで探すとキレイな写真がいっぱい見つかるから特に困らないけれども。
たしかにこういう作品は写真に撮ってるより心フィルムに写した方がいいしね!


待ってる間にも列の近くにパフォーマーさんが来て、観光客を楽しませてくれました。




ウフィッツィの中のカフェから撮影。

ウフィッツィを出て、おみやげにマーブル紙の小物を買いたかったのでちょっと紙屋さんへ行きました。
おみやげにはマーブル紙を巻き付けた色鉛筆を買ったのですが…

自分用にはこんな詰め合わせ。
カードでも無く使い道があるのか無いのか(笑)

その後ガイドブックに載ってたトラットリアに食事に行ったのですが…
昔風の店…と言う解説だったのに、同じ名前の今風のビールバーになってた…。
仕方が無いのでその辺で適当に選んだトラットリアに入りましたが、それはそれで楽しかったし、お店のお姉さんが優しかったので良かったです。
フィレンツェの食事は何食べても基本おいしいし。


食事の後見かけた夜景。

フィレンツェに行って来ました!〈2〉

そんなこんなで二日目。
この日もフィレンツェのお天気は快晴。
青空がきれいでした。


写真はホテルから見たサンタマリアノヴェッラ教会。


そして今日の目玉はヴィンチ村のレオナルド・ダ・ヴィンチ博物館。
慣れない所で電車やバスでは移動が難しかろうとタクシーを一日チャーターして向かいました。
そして着いたところ…


「臨時休業」らしき張り紙。
ここまで来たのになんで〜…と思っていたら、施設の一部が休業と言うことで博物館自体はちゃんと開いてました。
良かった\(^O^)/


ウィトルウィウス的人体図のオブジェと博物館

自分、詳しい訳じゃ無いんだけどレオナルド・ダ・ヴィンチが大好きでして。
もちろん人体素描や絵も好きなんだけど、新しい機械や戦術を考えてみたり同時代人には音楽家として有名だったとか…そのマルチぶりがなんかSFの人っぽくてステキじゃ無いですか。
そのうえ本人もかなりイケメンだったらしいし、それじゃまるでフィクションの登場人物ですよ。
そんな訳で画家としてと言うか存在自体がスゴイ人、って感じで憧れているのです。

この博物館はレオナルドのスケッチした工業製品や兵器を立体の模型にした物を納めた所です。
レオナルドのスケッチの横に木製の模型が並んでると「おお〜っ」と感動しちゃいます。


中は撮影禁止なので唯一外に置いてあった模型の写真。
ちょうどあちらも夏休みらしく親子連れが多かったな〜。
みんなすごい楽しそうにしててこっちも楽しくなりました。


博物館があるお城の教会の十字架。


周りにはトスカーナの風景が広がります。


その後はダ・ヴィンチの生家に行こうか…と思ったけれども、本当に家以外何も無いよ、と言う事で、結局ピサの斜塔に向かいました。


わ。本物だ。
本当に斜めに立ってるよ!
修復も終わってたので塔に登る事も可能だったのですが、33度の気温にめげた私たちは塔の回りをぐるりと一周する事で満足しました。

斜塔を支える人々(笑)

ロームルスとレムスの像

で、4時頃フィレンツェに帰ってきたのですが、日が暮れるまではまだまだあります。
この日は一日車移動で体力もあるぞって事で、その後ミケランジェロ広場に行きました。
狭いフィレンツェの中とはいえホテルからは少々距離があったので、バスにでも乗るかしらん…と思ったのですが結局徒歩で。


がんばった甲斐があって、ステキな景色が見れました〜


ブロンズのダヴィデさんもりりしいです。

この後再びホテルまで歩いて、近くのトラットリアで食事してこの日は終了となりました〜


食事の後にサンタマリアノヴェッラを撮影。
暗かったけどちゃんと取れる!
さすが安くてもPowerShot!!

フィレンツェに行って来ました!〈1〉

もうすっかり昔の話になってしまった…。
去る7月1〜6日、旅行に行って参りました。
過去の記事でも書いてるように、イタリアは花の都フローレンスです。
実質いられたのは2〜5日の四日間なんですけどね。
しかも初日からフライトが4時間遅れて予定日にイタリアにたどり着かなかったという……。
乗り継ぎをするシャルル・ド・ゴール空港に着いたのが深夜でした……。
(成田のシステムが落ちて手続きが全部手動だったのでスタッフさん達もてんてこ舞いだった。)
※写真はクリックすると大きくなるよ。


行きのエールフランスの機内食は上手かった。


エールフランスがとってくれたマジックサーカスホテルのロビー。

***
気を取り直して初日の7月2日。
朝5時半にホテルを出てどうにか10時にはフィレンツェにたどり着く事が出来ました。


シャルル・ド・ゴール空港のフィレンツェ行きの待合室のロビー


フィレンツェで宿泊したサンタ マリア ノヴェッラ ホテルのお部屋。
キレイだし水回りもしっかりしてて良かった〜

***
もともと午前中バルジェッロ国立博物館に行くつもりで予約してカードで支払いも済んでいたのですが、とても間に合わないので泣く泣く最終日に行く事にし、とりあえず腹ごしらえ。
適当に入ったトラットリアでセットメニューを頼んでみました。


パスタと…


肉料理。
おいしかったけどとにかく量が多かった!
ひーこら言いながら食べて
その後は「セットを頼むのはやめよう」と誓い合ったのでした。

そして食後 [アーモイタリア] さんで予約をお願いしたブランカッチ礼拝堂に向かいました。
入場券自体は奥の売り場で買うのですが、もらったメールのプリントアウトを見せつつ
入口で名前を言うだけで入れたのでとっても気楽でした。
ここにはマサッチオの「楽園追放」のフレスコ画があります。思った以上に近い場所から見られて感激しました〜。
ところで、この日フィレンツェは38度。
本来ひんやりしていると思われる教会の中もちょっと蒸し暑かったです。
外に比べたらすんごいマシなんだけど、こーゆーのって壁画の保存のためには良くないんだろうな〜。
美術館は空調がしっかりしてたけど教会はそうもいかないし。
修復や保存も大変なんだろうな〜。


ブランカッチ礼拝堂入口。


その日の夜はこんなピザを食べました。
と言う所で一日目は終わりです…。

フィレンツェに行きます。

実は来月イタリアは花の都フィレンツェへ旅行に行く事になりました。
結婚10年記念です\(^O^)/
以前も新婚旅行(?)でイタリアに行ったのですが、夫婦でとても気に入ってもう一度行きたいね〜と言う話になりまして。
前はフィレンツェ以外にローマとアッシジにも行ったのですが、今度はフィレンツェ一択!
この前は行けなかった美術館や教会を訪れる予定です。

前回行きたかった場所の中で、ローマのボルゲーゼ美術館だけは要予約だったため、事前にネットで申し込んでいたのですが…他の美術館は現地で並んでから入りました。それもまぁ楽しかったのですが時間がかかったため、今回は出来るところはなるべく事前に予約しようと言うスタンスに。
その為に色々とネットで情報を集めていたのですが…

今は便利なサイトがあるんですね〜

>> イタリア旅行情報なら:アーモイタリア

こちらではイタリアの各都市の情報が色々と紹介されています。
本当にたくさんの情報が掲載されているので、ガイドブックを購入しなくても大丈夫かも?
ネットなので情報が新鮮なのがいいですね。
掲示板では実際に旅行された方通しで情報交換をされていて、まさしくリアルタイムの情報が手に入ります。
そのうえこちらでは美術館の事前予約を代行してくれます。
日本語のサイトなので日本語でお願い出来るのが本当に助かります〜\(^O^)/

サンタ・マリア・デル・カルミネ教会のブランカッチ礼拝堂に是非行ってみたいので、こちらのサイトで予約を扱ってて良かった!
マサッチオの本物のフレスコが。有名な楽園追放が観られるよ〜と思って今からテンション高いです(笑)


Italy Travel Guide: AMOITALY

午前十時の映画祭

TEGAKI BLOG

SELECTED ENTRIES

KOKUBAN.in

RECENT COMMENT

  • 駐車場に咲いてた
    ちさ
  • 駐車場に咲いてた
    Leek
  • スフレパンケーキ
    ちさ
  • スフレパンケーキ
    Leek
  • 小西遼生
    ちさ
  • 小西遼生
    このり
  • 今期のドラマは
    ちさ
  • 安積剛志|佐々木蔵之介
    ちさ
  • 今期のドラマは
    カリコ
  • 安積剛志|佐々木蔵之介
    カリコ

CATEGORIES

SEARCH THIS SITE.

LINKS

PROFILE


個人の趣味のサイトです。 俳優および所属事務所・製作会社等とは一切関係ありません。 肖像権等を侵害する意図はありません。

BOOKLOG

MOBILE

qrcode

ARCHIVES

OTHERS